治療中の画像

親知らず抜歯

このような方が対象となります

親知らずが生えてきた方

歯ぐきの腫れや痛み、出血がある方

咬合(かみ合わせ)時の痛みや違和感がある方

親知らずの抜歯や保存について的確な診断を実施

親知らずは必ず抜かなければいけない歯ではありません。まっすぐ生えて正常な状態であれば、将来的に再利用できる可能性もあるため、保存をおすすめする場合もございます。当院では、患者様の親知らずに対して、適切な診断を行い、保存が可能な場合には積極的に残す事をおすすめしております。親知らずが気になる方は、お気軽にご相談ください。

親知らずとは

親知らずとは、永久歯が生え揃ってから出てくる奥歯の歯のことを言います。親知らずが綺麗に生えてくる場合は問題ありませんが、横たわって生えてきたり、完全に歯茎に埋まった状態で生えてきたりすると、虫歯や歯肉炎になりやすくなるため、抜歯をした方が良いケースがあります。

親知らずの抜歯と痛みについて

親知らずの抜歯は痛いと思われがちですが、抜歯する際には麻酔が十分に効いているため、ほとんど痛みを感じる事はありません。麻酔注射に関しても、出来るだけ痛みを感じないように工夫していますので、強い痛みを感じる事なく治療を終える事ができます。

親知らずの抜歯をおすすめする場合

当院では、出来るかぎり親知らずを保存する方針ですが、お口の環境を著しく悪化させる場合には、やむえず抜歯をおすすめする事もございます。以下では、当院が抜歯をおすすめする親知らずの状態についてご説明します。

虫歯になっている

親知らずは、お口の一番奥に位置するため綺麗に生えていてもケアが難しく、虫歯になりやすい歯です。いざ虫歯になった際には、再発リスクが非常に高いため、悪化する前に抜歯をおすすめする場合もございます。

手前の歯を押している場合

親知らずが横向きや斜めに生えている場合には、手前の歯を押すようにして歯が成長する事になります。このような場合は、将来的に咬み合わせの不調や歯並びを乱す事になりますので、出来るだけ影響がないうちに抜歯をおすすめいたします。

咬み合わずにお口の中が傷つく

親知らずが上下で生え揃ってない場合には、対となる歯がない部分が歯肉や頬に当たって、傷つく場合があります。口内炎などの原因や顎関節症の悪化リスクがあるためこのような場合にも、抜歯を検討いたします。

智歯周囲炎の親知らず

親知らずが一部分しか露出していない場合には、手前の歯との隙間に汚れが溜まる事によって、細菌が繁殖し、炎症が起こります。親知らず周辺で起こる炎症を「智歯周囲炎」と呼び、悪化すると発熱や痛み、腫れ、さらに開口障害を引き起こす可能性もあるため、炎症が繰り返される場合にはやむなく抜歯をおすすめします。

お電話にてご予約を
受け付けております。