治療中の画像

症例紹介


過蓋咬合の治療症例

下前歯の凹凸感を気にされて来院されました。分析の結果、親知らずを抜歯して矯正治療を開始。 凹凸感を治すに際、前歯がより前に傾いてしまうため、予防として上下の前...

詳しく見る


開咬の治療症例

前歯が出ていることと、前歯で噛み切りすることができないことを主訴に来院されました。 分析の結果、口元の突出を後ろに下げ、突出感をなくすため上下左右の歯を1本ず...

詳しく見る


子供のすきっ歯の治療症例

乳歯と永久歯が混合する時期にⅠ期治療で床矯正装置を使用して前歯が出ている箇所と隙間が改善されました。しかし、やや凸凹感を認めました。 中学生に進学してから、Ⅱ...

詳しく見る


叢生・八重歯の治療症例

分析の結果、凸凹感が強くそのままの治療ではうまく症状を改善できないため、神経を抜いている歯と大きな虫歯処理を行っている歯を抜歯して、矯正治療を開始しました。 ...

詳しく見る


子供の叢生の治療症例

分析の結果、下あごの長さが短いことにより前歯が突出している状態でした。まずは下顎の歯並びの幅が狭いため、取り外しができる床矯正装置を使用し、成長力をしよして歯並...

詳しく見る


部分矯正の治療症例

仕事の都合で表からの見えずらい矯正治療法を希望され、上下とも裏側装置(舌側矯正装置)で治療を開始しました。 上下の奥歯の咬み合わせが良好であったことから部分矯...

詳しく見る

お電話にてご予約を
受け付けております。