治療中の画像

虫歯・根管治療(神経の治療)

このような方が対象となります

虫歯が神経まで進行している方

歯が折れたことにより神経が露出している方

歯に触れると激しい痛みを感じる方

歯の保存にこだわった低侵襲な虫歯治療を心がけています

痛みを抑えた治療実現のために

当院では、歯科治療に伴う痛みや不安の緩和にこだわり、様々な工夫や対策を行っています。麻酔注射をはじめとした、心身的負担の緩和への取り組みによる痛みを抑えた治療は、患者様に喜ばれております。

歯質の保存にこだわった処置

当院では、患者様の天然歯に極力手を加えない低侵襲治療を基盤に、歯の保存にこだわった処置を実施しています。

重度な虫歯には抜歯回避のため根管治療を実施します

重度な虫歯にまで進行すると、歯の内部にある神経や血管が収まる根管にまで虫歯菌の感染が広がり、激しい痛みを伴います。さらに悪化すると最終的に抜歯となるため、症状の改善を図るために根管治療を実施します。根管治療は、歯の内部に存在する虫歯菌に感染した物質を綺麗に取り除き、根管内部を洗浄、殺菌を行い、密封する事で症状を改善するものです。一つひとつの工程がしっかり行われていないと再治療の可能性もあり、精度の高い処置が必要となります。当院では滅菌処置された器具や殺菌効果の高い薬剤を用いて、再発リスクを限りなく抑えた精密根管治療に努めております。

歯科用CTによる根管の把握

複雑で特殊な形状の根管を、一つひとつ手探りで確認するのは困難です。当院では、歯科用CTを使用して根管の状態を正確に把握し、見落としがちな根管や、特殊な形状の根管の処置を的確に実施しています。また、レントゲンでは発見が困難な病変の確認も行い、精度の高い処置に努めています。

歯根端切除術・再植術の実施

根の尖端部分に膿が溜まる「根尖病変」という病気では、通常の根管治療が行えません。「歯根端切除術」という歯肉を切開して、膿の摘出と感染部位の切除を行い症状を改善します。「根尖病変」が奥歯に出来た場合には、意図的に抜歯を行い、感染物質の切除を行った後、再度元の場所に戻す「再植術」を実施し、症状の改善を図ります。根尖病変は通常だと抜歯しなければならない症状ですが、当院では歯を守るために最善な処置をご提案いたします。

お電話にてご予約を
受け付けております。