治療中の画像

予防歯科

このような方が対象となります

虫歯や歯周病を予防したい方

将来の歯のトラブルを避けたい方

歯の美しさを維持したい方

予防歯科とは

当院は3ヶ月に1回の定期検診をお勧めしています。どんなにセルフケアの上手な方でも完全に汚れを除去するのは困難です。歯に痛みが生じてから歯科医院を訪れる方は多いですが、症状に気づくころには手遅れになっていることもあります。長く良い状態を保つために、定期的なメンテナンスを受けましょう。

予防歯科で行う内容

予防歯科では、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士による「プロフェッショナルケア」と、患者さん自身で行う「セルフケア」の2つの方法を併用してお口のトラブルを予防していきます。

担当歯科衛生士によるプロフェッショナルケアとは

プロフェッショナルケアは定期的に歯科医院へ通い、歯科医師や歯科衛生士などのプロにより行われるケアのことを言います。

内容としては「検査」「クリーニング」「指導」そして「フッ素塗布」です。

予防の基本となるのは、患者様が普段行っている歯磨きなどのセルフケアですが、私達のお口の中には歯磨きでは取り除く事が困難な、歯石やバイオフィルムが存在します。

より徹底した予防を実施するためには、歯科医院で受診するプロフェッショナルケアが重要です。

セルフケアとは

予防歯科は歯科医院で行うケアだけではありません。ご自身で行う歯磨きも立派な予防歯科です。しかし、正しい歯磨きの仕方を知っている人や効果的にプラークを落とせている人は実はとても少ないのです。

そこで歯科医院ではセルフケアを効果的に行ってもらえるよう、患者さんに合った歯磨きの仕方をお伝えします。歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシを使ったケアも大切ですので、一度歯科医院でブラッシング指導を受けてみてください。

バイオフィルムについて

バイオフィルムとは、細菌などの微生物が集まって強固になった塊です。バイオフィルムには、虫歯菌をはじめ沢山の細菌が存在するため、放っておくと歯肉の炎症や歯周病、虫歯や口臭の原因となります。バイオフィルムは普段のブラッシングでは、取り除く事が出来ないため、定期的に歯のクリーニングを受診して口腔内の健康維持に努めましょう。

プロフェッショナルケア方法

適材適所でスケーラーの使いわけ

歯の隙間や歯茎との間に付着した歯垢や歯石の除去をする際、当院では「超音波スケーラー」と「ハンドスケーラー」の2つのスケーラー(歯石除去に使用する器具)を、適所で使いわけ、丁寧な処置を心がけています。使用するスケーラーの特徴をご紹介します。

超音波スケーラー

超音波振動を利用して、歯垢や歯石を取り除くスケーラーです。短時間で広い範囲の処置が可能なため、お口全体や歯の表面の汚れの除去に適しています。

ハンドスケーラー

ハンドスケーラーは、歯の隙間や細かい患部の歯垢や歯石の除去に適しています。手動なので時間は要しますが、繊細な処置によって徹底した汚れの除去が可能となります。

予防歯科のメリット

全身の健康に繋がる

お口の中にプラーク(歯垢)が残ったままだと、プラークの中に潜んでいる細菌が出すタンパク分解酵素により、ウイルス感染を促進してしまうことが研究でわかっています。(参考:日本歯科医学学会連合)

また、高齢者に多い「誤嚥性肺炎」はお口の中に残った細菌が肺に入ってしまうことで起きる病気で、時には命を落としてしまう怖い病気です。また、糖尿病も歯周病と密接な関係があるなど、予防歯科でお口の中の健康を守ることは全身の健康にも繋がっていきます。

爽やかで清潔感のある口元に

虫歯や歯周病のリスクが高い人はお口の中に細菌や着色、汚れなどが残ったままになっている状態の方が多いです。そのため、口臭や歯の黄ばみが起こりやすく、他人に不快感を与えてしまう原因にもなります。予防歯科に力を入れることによって口臭の予防や清潔感のある口元をキープすることができます。

痛い治療を受けなくて済む

歯医者での治療は、痛みや不快感があり歯科恐怖症で歯医者にいけない!という方も少なくありません。誰でも痛い治療は避けたいものですよね。予防歯科で日頃からお口の健康をキープすることで、大きな病気にならなく夏痛い治療をしなくて良いという大きなメリットがあります。

お電話にてご予約を
受け付けております。