治療中の画像

症例

子供の叢生の治療症例

#子供の叢生

矯正治療前

症例写真 症例写真 症例写真

矯正治療後

症例写真 症例写真 症例写真

年齢・性別

小学生・男児

治療期間

3年5ヶ月

抜歯の有無

過剰歯の抜歯

治療費

495,000円(税込)

リスク・注意点

治療後に保定装置を使用しない場合、後戻りするリスクあり。また、歯の移動に伴う痛みがある
             
分析の結果、下あごの長さが短いことにより前歯が突出している状態でした。まずは下顎の歯並びの幅が狭いため、取り外しができる床矯正装置を使用し、成長力をしよして歯並びの幅を広げました。その後上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用い前歯の歯並びを治す治療を行いました。 治療途中に左上の前歯の間に過剰歯(余分な歯)が生えてきたため抜歯しています。Ⅰ期治療を終えて、現在は成長を観察しています。

お電話にてご予約を
受け付けております。